腕時計マニア

腕時計のまめ知識や世界のあらゆるウォッチを紹介します。

時計の石って何のためにあるか知ってる?

時計好きなら知っておきたい基本事項だが、意外とちゃんと理解していないという人も多い基本の「キ」を分かりやすく紹介します。時計好きはもちろん、初心者も必見です。

今回テーマとするのは石だ。

石とはすなわち=ルビー。休みなく動き続けるムーヴメントのパーツの摩耗を減らすために使われている


時計でいう石というのは、宝石のこを指す。

ムーヴメントを見たことがある人はわかると思うが、ムーヴメントには赤い石がいくつも使用されている。
この赤い石というのはズバリ、ルビーだ。

古くは天然ルビーが使われたが、19世紀には人工的に合成することに成功し、比較的早い段階から人口ルビーが使われ始めた。このルビー。

何の為に使われているのかというと、時計を飾り立てるためではない。

休みなく動き続けるムーヴメントのパーツにかかる摩擦を減らして、耐久性を高めるほか、長期的に時計の精度を維持する目的で使われている。

ルビーというのは実はダイアモンドに次ぐ硬度と抗切削性を持つ石で、さらに摩擦力が小さいことから、時計に限らず精密機械の軸受けなどとして利用されている。

時計では穴をあけて歯車の先端の摩耗を減らすための軸受けとして、あるいは激しく動き続けるガンギ車と接するアンクルという部分のツメとして使用されている。

よく時計のスペックとして、21石とか25石などと表現されるが、これはムーヴメントにいくつかの石が使われているかを表したものだ。

軸受けに使っている石の数が多いほど、概して耐久性と制度は良くなる。

そう聞くと、石数が多いほど良い時計と思われるが、実際に過去にはこの石数競争というものが繰り広げられたこともあったが、あくまでも適切な場所に適切な形に加工しての話。

単に多ければ良いというわけでもない。

ただ、少なくともアンティークウォッチでは標準的なもので15石は必要とされ、この石数が多い少ないで時計のグレード、つまち品質の高さを見分けるための判断材料とされている。

ところで、最近はまっているのが海外ものの腕時計だ。日本ではなかなかお目にかかれない個性的なアイテムがPremium Watch Galleryっていう腕時計専門の通販でゲットできるのだ。