腕時計マニア

腕時計のまめ知識や世界のあらゆるウォッチを紹介します。

ロレックス オイスターパペチュアル ホワイトグレープの魅力

ロレックスのエントリー機種に新色文字盤がラインナップ

秘密主義として有名なロレックスであるため確定情報とは言えないが、現在これまでにないカラー文字盤に着手している模様。

さらに、新しいカラーを人気が落ち着いたモデルにあてがい、同時テコ入れが行われているようなのだ。

このホワイトグレープダイアルだがサンレイ加工を施し光の加減で表情を変化させる美麗な仕上がりだ。

ただ、これまでにない微妙な色合いのため若干好みが分かれそう。

ちなみに、定価は従来のままである。

ファッションとしてパーツも楽しもう。

今まではスポーツモデルを中心にロレックスの実勢価格が高騰しているため、50万円以下で購入できる数少ないコレクション。

そのため、ロレックスの入門機として需要があり、今回の新色で選択肢が広がった。

ただ、今回の新色はビジネスシーンに不向き。

オフの洋服に合わせておしゃれを楽しむのがベストな使い方であろう。

小振りなサイズこそこのモデルの武器

現行メンズモデルでは大変珍しい36mm径。近年の時計の大型化に不満を持っている時計好きから高い支持を集めているようだ。

新しいカラーに挑戦しているロレックス。今後の展開に期待

文字盤の仕上げに定評があるロレックス。ほかのメーカーでは真似できないような色合いで、オリジナリティが発揮されている。